2016/07/23

大聖堂-果てしなき世界

「大聖堂 果てしなき世界」(ケン・フォレット、ソフトバンク文庫)をやっと読了しました。この文庫本が出版されたのは、2009年(海外での発表は2007年)ですが、僕が読み始めたのは1ヶ月半ほど前なので、出版されてからずいぶんと時間が過ぎてしまっています。ただ、この小説は歴史小説なので、読んでいて古く感じることはありませんでした。
「大聖堂 果てしなき世界」は、1989年に発表された「大聖堂」の続編です。前作の「大聖堂」についてはずいぶん前に読了して内容もだいぶ忘れていましたが、その記憶とは関係なしにこの続編「大聖堂 果てしなき世界」は読むことができました。

前作と今回の続編の共通することといえば、キングズブリッジというイングランドの架空の町、前作の登場人物である建築職人のトム・ビルダー、ジャック・ビルダーの末裔たちの話ということくらいです。
ちなみにこの「大聖堂 果てしなき世界」は歴史小説です。時代も1300年前半から1360年代くらいを想定してします。普段僕は歴史小説のジャンルはほとんど読まないのですが、これだけは別格でした。700年ほど前の話にもかかわらず現代の僕たちと同じような生活がかつてあったことに驚きつつ、日本の時代劇のような美化された世界はいっさいないリアルな描写の連続で、複数の登場人物による果てしなき群像劇が繰り広げられ、時間を忘れてよみふけってしまいます。
そのなかでも僕がこの小説をお気に入りにできたのは、やはり建築職人のマーティンがいたからだと思います。彼を中心に建築的な視点からキングズブリッジという町の政治、経済、宗教、戦争、性風俗などとの距離感をはかりながら読み進めることができました。
ただこの小説はそこだけではなく、カリスやグヴェンダなどの女性陣がいきいきと描かれ権力や宗教にもからんでくるという点でもおもしろいと思います。そういう意味では、つい最近、イギリスで女性の首相がひさびさに誕生しましたが、その出来事ともどこかリンクしている気がして、現代との接点におもいをはせることもできる小説です。

とにかく、巻末に児玉清さんによる解説でも”一度飛びこんだら、もう絶対に抜けられない面白地獄”と書いているように、量は多いですが、読み始めたらあっというまにページが進むと思います。
そんなわけで、このブログを読みにきてくれた方なら一度はよんでみてほしい小説だと思い、ここにて(こっそり、しかもひさびさの更新・・・)紹介してみることにしました。

なお、最後に作家の瀬名秀明さんによる書評も見つけたので、こちらも内容把握の参考にでもなればと思い、リンクしておきます。

→『大聖堂―果てしなき世界 上・中・下 [著]ケン・フォレット』

あ、そうそう。この「大聖堂 果てしなき世界」は、海外ではテレビドラマとして映像化もされているそうですね。まだ日本語訳がついたものはでていないようですが。(泣)







2013/05/04

新宿御苑にて

今日は新宿に用事がてら、入場料がただということを思いだしてついでに新宿御苑をぶらりと。
散歩にはお金はいらない。そう再認識した日だったかも。
それはさておき、御苑内には植物園があるのですが、そこが新しくなっていました。



ていうかなぜかしらんですが、ここたしかどこぞやの組織事務所が設計したところだったなあというのは覚えていたので、それもあって寄ってみたわけなんです。(あとで調べたらここ日本設計の設計でした。)
そんなわけで建物内外をおもわずぱちぱちと。

室内の植物を堪能しつつも高低差のある道もけっこうあったので、また今度すいてる時にでもきて坂道探索もしてみたいとまずは思ったのでした。




ただこういう温室で植物に囲まれていると、僕自身は建築まなぶ前のあのもんもんとした地元時代、暇だったので本ばかり読み(といってもたいしたことないですが・・・汗)、音楽を聴きまくり、映画を時々観て、そのあまった時間に(笑)温室栽培の研究の手伝いのようなことをしてたあの日々のことを突然に思いだしてしまいなんかしみじみしてしまったわけなんですけど。。
まあそれが強みになるのか無駄になるのかはこれからの僕次第なのかもしれないですけどね。

ということで、g+にのせようと思ってのらりくらりと書いてたらなんか日記みたいになってきたので、またこのブログにのせとくことにしましたので、あしからず。

2013/05/03

御茶ノ水にて


御茶ノ水の幽霊坂がまわりの再開発のおかげでなんか雰囲気変わってました。名前の由来に反してさわやかな空間に・・・。

あと、そのついでに母校の校舎でやっていた「堀口捨己・神代雄一郎展」にも(行ったのは今日じゃないですが)。
とにかくこの展覧会では神代雄一郎のデザインサーヴェイにかなり触発されました。

ていうか「東京坂道さんぽ」も半分までとはいかなくてもどうやら知らず知らずのうちにデザインサーヴェイというものにもいくぶん影響受けているかもということは認識していたのですが、学生時代のことを思いだしてみるとそのデザインサーヴェイというわかりにくくてちょっと気取った感じの名前(内容ではなくですね・・)にちょっと共感できなくて、このことはあまり声を大にしては言ってこなかったことなんですけどね。

とにかく神代雄一郎とデザインサーヴェイについてはもうすこし各種資料読んで調べてみないという気持ちがむくむくとしてきだしている今日このごろです。
そういや松本研出身の友人いたので期待はしてないですがそのうち機会があれば聞いてみようかな。

2013/04/08

建築さんぽ系のエントリーについて

ここ数年の建築さんぽのエントリーについては、過去のブログ記事をみてもらうとわかるかもしれないですが、かなり混乱しているなーと。

というのも、東京坂道さんぽにも過去に建築さんぽと称して記事書いているんですけど、最近はめっきりそれも書く機会が少なくなり、自分の中でもどうカテゴリー分けするか混乱していたんです。
でも最近はだいぶ頭の中ですっきりしてきたこととして、建築散歩でも坂道になんらかのつながりのありそうなものや坂道探検家として興味がある建築話については、東京坂道さんぽでも引き続き書いていこうかなーと。
そして、どちらかといえば、エア建築家としての気持ちで建築を見て書きたいと思ったことは、こちらに書いていければなあという気持ちになっています。
これは前に「坂サミット」というイベントがお台場のカルカルであったのですが、その時の経験からなんとなく思い始めたことでもあります。
また坂サミットでもでた課題なのですが、坂と言ってもいろいろなカテゴリーやら坂の定義もその人の立ち位置によってたくさんありそうなので、詳しいことはまたそのうちまとめる機会をつくりたいと考えています。
あと、坂道探検家視点で建築てき坂道もしくは坂道(or地形)をリスペクトまたは模倣している建築階段やスロープだなーと自分の中で思ったものについてはこれからは「エア坂道」と呼んでみることにしました。

そんなわけで、坂道探検家としての視点とエア建築家としての視点というかレイヤー、まだまだ曖昧なところは多いですが、とりあえずこのあたりのことを考慮して進んでいこうと思っています。

2011/12/11

皆既月食みれました。

ふと数十分前にmyツイッターページ見てたら(つぶやきはお休み中ですけど)、月食ツイートがちらほらと。

おお!
と思って窓から空見上げたらなんと、みえました。

さらに手元にあったコンパクトタイプの望遠鏡でみるとさらにくっきり!


とりあえず、手元のコンパクト望遠鏡をふつうにのぞくようにデジカメで無理やり(汗)覗きながら撮ってみました。↑
23時50分ごろのものなのでほんとぎりぎりだったかもです。

以外とみえてるでしょ?

でも目で直接みた時は、月のクレーターとかも見えてたんですけどね。

ちなみに、望遠鏡なしの最大望遠で撮ったものはこちら。↓


かろうじて見えなくもないですが、ほぼ点です。。
まあ、古い型のデジカメなのでこんなもんですかね

ということでツイッターさまさまの月食経験でした。

2011/12/04

ヒルズで雪みました。

やっぱり見に行ってしまいました。。



六本木ヒルズにて先月開催された「BURTON RAIL DAYS」なるスノボイベントにです。
ちなみに僕はスキー派なのですが(汗)、それでもやはりヒルズのあの場所で開催されるということで、どんな感じのことになるやらという具合に、やっぱり気になってしまい、いてもたってもいられなくなり、雨にも負けず風にも負けず、ヒルズに向かうことにしました。
(でも家出るまでは寒そうだな~とけっこうグズグズしてたんですけどね。)

そんなわけで、上の写真はヒルズのあのアリーナに、なんとも大掛かりな特設コースが設置されていた様子など。
これにはびっくり。。
個人的には、都市のど真ん中にできた雪の坂だあ~なんてことまで思いつつ。(笑)

そして、アリーナにはいちおう屋根があるのにもかかわらず、雨と風がビュンビュンと吹き込む中、立ち見で有名ボーダーの方々の美技を堪能。
スノーボードのほうはあまり詳しくないので、ここではあまり書きませんけど、とりあえず、誰々が勝ったとか負けたとかそういうのはまったく気にすることなく、ただなんとなくこれは難しそうだなあとか、これはうまいねえという具合にかなり感覚的にみてしまいました。


行きの電車の中では、雨と風が強い日だし、人少ないだろうなあと思っていたので、現地でのこの人混み具合には、これまたびっくりという感じ。



最後は特設コースの全景など。
なんだか不思議な光景でした。

というわけで、日記メモがてらのエントリーでした。

2011/08/05

箱根で富士見

先月の中頃、高校の同級の友人の急な誘いだったんですけど、とりあえず暇な日だったので行ってきました。

ちょうど今のように涼しくなる直前のむちゃくちゃ暑いさかりに、しかもバイクで行った(といっても天気がよさげでそのため友人の気分が変わって友人の車でなく大型バイクでしかも二人乗り!もちろん僕は荷物と同じ扱いです。。笑)ので、箱根とはいえ高地らしい涼しさでもなかったんで、かなり暑かったですけど、天気だけはどぴーかんで、ツーリング+写真撮るのには最高の天気でした。




で、上の写真は恩賜箱根公園なる場所から芦ノ湖をはさんで富士山がちらりとみえていたのでぱちりと。
富士山どこ?という感じですが、写真中央あたりにちょうど芦ノ湖を取り囲んでいる山々の稜線のむこうに、大方が雲に隠れていますけど、いちおう見えています。
とりあえず山開きもしたあとなので雪もほとんどみられないみたいで、かなり黒々としていました。

あと手前の緑の微妙なコントラストもすばらしいかったです。
おそらく太陽の高度が高いのでこんなふうにみえていたのかなと。


それから公園内をぶらりとしたあとに、もういっちょう記念に。
富士山のまわりにはさらに雲がもくもくとでてきていて、ちょっとしたラピュタ状態に。。
でも施設の人に聞いてみると、このような感じの状態が大半なのだそうです。



そんなこんなで、その他にもいろいろと箱根かいわいをまわったんですけど、とりあえずのもう一枚としてかの有名な箱根の関所でも。

気がつけば箱根にはいままで一度しかきたことがなくて(神奈川県に住んでたこともありますし近くはとおるんですけどね)、避暑がてらぶらりするときは軽井沢(長野)方面に行くことが多かったので、なんでかなあと思っていたら、やはりここの存在だったのかなあと。
のんびりぶらりとしにきてるのに、権力ちっくでおどろおどろしいこの関所の感じ(かなりの思い込みですけどね)が箱根のイメージとして僕の中にあってどうも行く気をそいでいたんですけど、いざきてみるとそんなこともなく、なかなかにいい感じでしたよ。
(まわりには別荘地もありますし、自然もすごいいい感じですし。)

そして上の写真はその高台からのものです。
かつてのおどろおどろしい見張り台もあったんですけど高台からの芦ノ湖の眺めはかなりよかったです。


そんでもって最後の最後に、場所もどりますけどこちらは恩賜箱根公園内にあった“二百階段”なる登山道のような階段坂道の風景です。
なかなかの癒し系の階段坂道でしたよ。
坂道ファイルにかちゃりと一枚。(笑)
ちなみにこの階段、ほんとうに二百段あったかまでは、偶然みつけた場所でしたしこれメインじゃなかった(要は数えるのめんどくさかったんですけどね・・・)ので、調べていませんのであしからず。